青根キャンプ場は予約不要で思い立ったら行ける関東有数のキャンプ場

スポンサーリンク

明日キャンプ場に行きたいなぁ

都心から1時間くらいで、予約なしで、気軽に行けるキャンプ場ないかな

そんな条件の良いところあるのかな?

青根キャンプ場はどうじゃろ?

都心から1時間ちょっと、予約がなくて気軽に行けるキャンプ場を探していました。
青野原キャンプ場はいつもファミリーで行っていて、非常に気に入ってます。
今回、ソロで動きやすいこともあり、キャンプ場開拓しようと思い、
青根キャンプ場に行ってみました。

今回の記事はこのような方向けです

  • 青根キャンプ場の使い勝手を知りたい
  • 都心から1時間程度で、予約不要のキャンプ場を探している
  • ソロキャンに興味がある
  • ハンモック泊をしてみたい

キャンプ場

概要

道志川沿いのキャンプ場で、夏には川遊びができます。
遊泳ができない時期でも心地よいせせらぎの音が聞こえ、自然を満喫できるキャンプ場です。

温泉が歩いて行ける距離にあり、ますのつかみどりも季節によってできます。

土のサイトで、ペグが打ちやすいです。

場所

〒252-0162
神奈川県相模原市緑区青根807

場内マップ

サイト

オートキャンプ場が予約不要です。
フリーのオートサイトで、約100組可。

オートサイトキャンプ場が一番奥にあるので、そちらに向かいます。
地図を見ながら向かったつもりですが、迷ってしまいました。
ムーンサイトの方に向かってしまったようです。
気を取り直してオートキャンプ場へ

今回は、ソロ&ハンモック泊が目的だったので、ハンモックができる場所をゲット。

木と木の感覚が結構離れていて、ハンモックを張れる箇所は限られていました。
早速ハンモックを張ってみます。5分あればハンモックは設置できるので、楽チンです。
椅子も組立てず、食事も焚火も寝るのもハンモックからやってみました。

今回、初のソロキャンということで、ソロ用テントを買おうかかなり迷いました。
結果、ハンモック泊かタープ泊にしようと思い、購入を見送ってます。
ハンモックが寒くて仕方がなかったときようにタープをステルス張りにしています。
ステルス張りカッコいいのでおススメです!

こちらでステルス張りについて紹介しています。

混雑状況

3月半ばの平日に行ったこともあり、
11時頃に到着したら、川沿いは結構埋まっていましたが、だいぶ少なかったです。
大体10組くらいでしょうか。

費用

大人1人、車、タープ、で3,280円でした。

入場時、テントは張らないつもりだったので、タープ代を支払ったのですが、
タープの方がテントより高かったんですね。
タープでテントを作る場合はテントになるのかタープになるのか悩ましいところです。
「タープをテントにします」と伝えたら、
「じゃあタープね」と言われたので、タープなんでしょうかね。

入場料大人780円
子供550円
駐車料普通車1200円
バイク420円
キャンピングカー1,700円
テントツールーム1,000円
6人以上1,700円
5人以下1,200円
2人以下700円
タープタープ1,200円
清掃料清掃料100円

営業時間

チェックイン :08:00
チェックアウト:10:00

チェックインが早くて助かります。
チェックアウトはもう少し遅い方がのんびりできて好きですが。

ルール

  • 直火禁止
  • 21時消灯
  • 金属ゴミは持ち帰り

施設案内

販売場

最初に受付をやったのみで、その後散歩で通らなかったので写真撮り忘れました。

売店は一通り販売されていました。
薪のみ買いましたが500円です。

トイレ

しっかりしたトイレで、キレイな方だと思います。

ただ、オートキャンプ場の入口の方にあるので、一番奥に陣取るとちょっと遠いなと感じました。

炊事場

洗い場の数が多く、使いやすいです。
数が限られているかもしれないですが、お湯も出ます。

ただ、こちらもオートキャンプ場の入口にあるので、奥からだと結構距離があります。

ゴミ捨て場

ゴミ捨て場があるのは非常に助かります。

遊具

小さい子供がいるとちょっとした遊び場に良さそうです。

バンガロー

今回利用していないですが、バンガローは多く、団体で利用するにはもってこいです。

温泉 いやしの湯

いやしの湯は今回の楽しみの一つだったのですが、残念ながらコロナ期間だからか、
2021/3/11の時点では休館中でした。

スーパー

道志川沿いのキャンプ場だと、マルエツ三ヶ木店が非常に使いやすいです。
100均やホームセンターとも隣り合っていて、一通りそろうので使い勝手がバッチリです。

合わせて読みたい

道志川沿いで我が家で最もリピートしている青野原キャンプ場の紹介です

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました